メンテナンスをしよう!長く使うための手入れ方法

外見のメンテナンスは自分で行おう

機械式時計のメンテナンスには、自分で行える部分があります。例えば文字盤を覆っているガラスが汚れてしまうと、時間が分かりにくくなります。その問題を解消するために、セーム革で拭くのがオススメです。強くこする必要はなく、軽く拭き取るだけでも汚れが取れるでしょう。錆びないようにするためにも、毎日手入れを行うのが効果的です。
文字盤を覆うガラスと機械式時計の本体には溝があるため、この溝の部分に汚れが溜まっている場合があります。この溝に溜まった汚れを取るためには、爪楊枝を使用するのが良いでしょう。爪楊枝を使えば細かい部分にまで、手入れが行えます。爪楊枝はステンレス製のベルトに付着した汚れを取るときにも効果があります。汚れが落ちにくい場合には、歯ブラシを使うのも良い方法です。歯ブラシであれば、傷をつけることなく、手入れを行うことができるでしょう。

内部の手入れは時計の専門店に依頼しよう

機械式時計は複雑な構造になっているので、素人の手入れでは壊してしまう可能性もあります。そのようなトラブルを引き起こさないようにするためにも、内部の手入れは時計専門店に依頼するのがオススメです。時計の専門店であれば、内部の構造で起きている不具合を修正してもらえます。電池がなくなった場合にも入れ替えを行ってもらえるので、時計が動かなくなった場合には時計専門店に見てもらいましょう。
近場に時計専門店がない場合には、その機械式時計を生産しているメーカーに修理やメンテナンスを依頼するのが良いでしょう。生産しているメーカーであれば、その時計に適したメンテナンスを行ってもらえます。

パテックフィリップはスイス連邦にある高級時計メーカーです。世界でも最高峰の時計ブランドとして広く知られています。