メンテナンスの目安はどのくらい?機械式時計の手入れについて

機械式時計の特徴とメンテナンスについて

機械式時計は、ゼンマイを動力にするものです。この時計は「手巻き式」と「自動巻き」の2種類があり、どちらも電池交換の必要がありません。しかし、放置しておくと止まってしまうという点や、クオーツ式よりも正確性に劣るといったデメリットもあります。現代では日本の時計のほとんどがクオーツ式のようです。機械式時計の多くは、一部の高級時計店で販売されています。「ファッション性が高く、カッコイイ」といった声が多数です。また、定期的なメンテナンスが必要なことから、手間がかかり「クオーツ式よりも愛着を持ちやすい」と感じる人もいます。機械式時計のメンテナンスは、ムーブメントとベルトのケアが中心です。ケース部分の汚れは、眼鏡拭きなどで簡単に取ることができます。

どのくらいの頻度でメンテナンスをするの?

機械式時計のメンテナンスで重要なのは「ムーブメント」と「ベルト」になります。特にムーブメントは、機械式時計を修理できる職人や業者に依頼することが大切です。3年に1回程度のペースで依頼した方が良いとされています。問題なく動いていれば「壊れていないのではないか」と思いがちですが、機械式時計は沢山の部品で構成されています。キチンと動いていても、部品の1つが摩耗しているケースがあるのです。このような業者に依頼することで、1つ1つの部品を丁寧にチェックしてもらえるでしょう。ベルトは金属であれば、本体から外して洗ったり、綿棒で汚れを取り除く必要があります。皮革製の場合は、表面が乾いたらクリームを塗るなどのケアが必要です。ケアの頻度はベルト部分の様子を見ながら行います。

ウブロはスイスの高級時計メーカーです。会社名の由来はフランスの舷窓で、舷窓同様にビスで留めたベゼルがデザインの特徴となっています。